骨盤矯正や整体、鍼灸マッサージなど様々な治療院・施術院が増えてきました。

その中には、患者さんの症状に対して手広く対応してくれるところがあります。アナタの周りに施術院が大量にあって、それがどうこうと言うわけでは無く、「アナタの症状に対してどのような施術方法が一番なのか?」だと思います。

そして、その施術法をしっかり、理念を持っておこなっているか。○○流が一番とか、○○法が一番とかそういうことでは無く、「この施術法はこんな感じですよ。」と言う事がわかれば良いかなと思います。

 

そんなわけで、今日は【骨盤矯正】に対しての施術法あれこれ。を考えていこうと思います。

そもそも骨盤矯正とは?

「私の骨盤ゆがんでいるのかも?」と考えていたり、「産後の骨盤が気になる」だったり、「産前のパンツがはけなくなった」だったり、【骨盤】に対する悩みは色々と多い人がいます。

そもそも、骨盤ってゆがむの?ってそもそもの考え方もあると思います。ゆがむか、ゆがまないかで考えると「残念ながらゆがみます」

コレは出産された方の方がわかりやすいのですが、妊娠中から骨盤が徐々に広がって行き、出産時に最大に広がります。コレは胎児がお腹の中にいるので、居場所を確保するための自然な体の適応なのですが、これ以外にも女性ホルモンが影響しており、ホルモンの作用により靱帯が緩み骨盤が広がることもあります。

上記は女性の場合ですが、男性の場合でも同様に骨盤はゆがむことがあります。コレは、日頃の姿勢だったり、ご自身のクセ、或いは以前体を痛めたことが原因など理由は様々です。

骨盤の歪み方

骨盤が様々な理由でゆがんでしまうと言う事はご理解いただけたと思います。実際どのように歪みが発生し、どのような歪みとなるのか。骨盤の構造から考え、簡単に説明していくと、ゆがむ方向としては

【前後の傾き】

【左右の回転】

【上下の歪み】

この3軸が考えられます。

そして、単純にこの方向だけにゆがんでくれればまだ、楽なのですがこれらの方向への歪みが複合的に同時に発生することがほとんどで、前上方にゆがんでいたり、後下方にゆがんでいたりと様々な方向に歪みが出てきてしまいます。

骨盤が前後の歪むと

上記でお伝えした中で前後の歪みが起きるどうなるのか。実際に骨盤がどのような形で前後に傾き、それによって出てくる影響を考えていきましょう。

下の図は左側がほぼ通常の骨盤の角度と考え、右側が骨盤が前に傾いてしまったときの状態です。このように骨盤が前に傾いただけなのですが、その状態では体がバランスを取るのが大変なので別の体の部位で代償して、全体のバランスを良くしよと対応します。

この状態が長く続くと、完全に腰を痛めるような形になってしまいます。また、この姿勢で腰が痛くなってくるとこの状態を維持するのが厳しくなってくるため、今度は骨盤を後ろに傾け始め、全体的に後ろ重心、かかとに体重がのるようになってしまいます。

後ろ重心で腰の痛みが解消されればいいのですが、多くの場合解消されずそのまま腰が痛い状態が続きます。さらに悪いことに、後ろ重心で後ろに倒れないようにするため、今度は首の姿勢が若干前側に傾き、首や肩への負担が大きくなってしまいます。

骨盤が左右に歪むと

骨盤の左右の回旋が入ってくると体全体が傾いてきます。仮に右側の骨盤が前に出ているとすると、右半身全体が前側に出るような形になります。

通常立ったり歩いたりしているときは、さほど影響は出てこないかと思いますが、デスクワーク時や、何か体の正面んで作業するときに大きな影響が出てきます。

通常、座って作業をするときは体の中心に仕事したい対象を持ってくるのですが、右側の骨盤が少し前に出ているとすると、作業をしたい対象が体に対して若干右側に位置するような形になってしまいます。

しかし、その状態だと作業がしづらいので、体を少し右にひねって体の中心に対象が来るように姿勢を変えていきます。そうすることで最適な作業環境にしようと適応します。しかし、この状態は常に体をひねっているような状態なので、ひねっている側の筋肉に強い負担を強いる形になります。

デスクワークをしていると、片側の腰だけ痛くなる。というようなことがあるばあいはこの左右の回旋の歪みが入っている可能性があります。

骨盤が上下に歪むと


最後に骨盤が上下に歪むとどうなるか。上下に歪むと言っても、骨盤全体が上に上がったり、下に下がったりするわけでは無く多くの場合左右独立して高さに左右差が出てきます。

右側が上がっていたり、左側が上がっていたり、状態は様々です。コレに先の前後の回旋が入ってくるとかなり厄介。

ちなみに骨盤が前後で歪みが出ると、背骨も前後に歪みましたが、骨盤が左右で上下の高さの違いが出てくると、背骨でも同じように左右の歪みが発生します。

骨盤矯正の方法

さて、本日の本題で実際ここまで読んで、歪んでいる方向は理解した。歪むと背骨にも問題が起こると言う事も理解した。ではどんな施術方法が良いのか?それぞれの施術方法について考えていきたいと思います。

ただ、注意していただきたいのが、どの治療法が一番というわけではなく、それぞれの治療法には長所と短所があります。ご自身が興味を持った施術法だったり、ご自身の近くや行ってみたい先生の施術法、あるいはお友達が受けている施術法がどんなものか知ることがはじめの一歩です。

方法1:マッサージ

もっともポピュラーな施術方法かもしれません。やってくれる人の指(或いは肘など)を使って体に刺激を入れる方法です。やられているときはちょうど良い強さなら気持ち良く一番リラックス出来る施術方法かもしれません。

しかし、一言でマッサージと言ってもやり方にはいくつか種類があります。マッサージの中でも「何をしているのか」を知っておくとより施術院選びがやりやすくなると思います。

あん摩

マッサージをするには【国家資格】が必要で、その免許の名称は【あん摩マッサージ指圧師】という名前です。単に「マッサージ師」ではなく「あん摩」と「指圧」が入ってきています。

このあん摩とは、筋肉や体を揺らすようにいわゆる揉む動作をメインにするのがあん摩という手技です。それマッサージじゃないの?と思うかもしれませんが、後述するマッサージを読んでいただけると違いがわかると思います。

この手技は接骨院などで比較的多いと言われていますが、筋肉を揺らす・動かす手技になりますので、最近は減るつつある印象です。しっかりと筋肉をとらえて動かしてくれる先生の場合はとても良いものになるのですが、習得に少し手間と患者さんの体、筋肉の質、施術部位によって、向き不向きがあります。

さらに減少傾向にある理由として、しっかりと修練、知識が無い人がやると【揉み返し】が出やすいと言われています。

マッサージ

皆さんが言っているいわゆるマッサージですが、正式なマッサージとは衣服の上からでは無く、肌に直接触れておこなう手技を言います.

肌に直接触れますので、オイルやタルク(ベビーパウダーのようなもの)を滑剤として用いて体に触れ、筋肉をほぐしたり、循環をよくしたりします。あん摩はそういった滑剤を使わず、衣服の上からおこなうと言うのが一番の違いです。

エステなどはこの部類に入るようなかたちになります(エステティシャンが国家資格を持っていない場合はトリートメントだったり、リラクゼーションと名称が変わります)

ですので、60分2,980円などでバイトの人がやっている所は看板に「マッサージ」とは一切書いていません。「リラクゼーション」だったり「揉みどころ」だったり「ほぐし」というようなマッサージを連想させるような言葉を使っています。

これはマッサージという言葉で看板を掲げて良いのは国家資格を持っているあん摩マッサージ指圧師免許を持った者だけだからです。資格を持っていない場合は掲げられないのでこのようなグレーゾーンな名称になります。

指圧

指で圧をかけるから指圧です。

ちなみに私は比較的この手技を多く使っています。なぜなら最大のメリットとして揉み返しが起きづらい手技であるということ。

また、深いところまで圧を浸透させやすいと言う事。さらに言うと、押している間は常に一定の圧で患者さんの体に触れていられるので、筋肉が緩んできた感覚が掴みやすく、緊張をほぐすのに最も効率が良いと感じているからです。

モミモミほぐすわけでは無いので、体が揺れることもあまりなく、患者さんへの負担も少なく済みます。最近ではこの指圧(ッぽい手技も含める)を使っているところは増えている印象です。

安全性が問題視されているこの業界なので、揉み返しのリスクが少ない手技に変わるのは自然の流れなのかもしれませんね。

整体

2大有名ワードの一つがこの【整体】でしょう。マッサージか整体かみたいな風潮がありますよね。

この整体もやり方が多すぎて正直網羅しきれません。かくいう私も指圧手技を使っていますが、整体という名目で名前を出しています。昔からのイメージで、バキッとしたり、ポキッとしたりするのが整体。と言うイメージですが、今はそういう手技をやっていないところもあります。

しっかりとした国家資格を持っていても、体の調子を整えるから【整体】という風にしている所もあります。もし、近くに整体のお店がある場合は、そのお店のHPを見て情報を集めたり、パンフレットをもらってどんな整体施術内容なのかを把握する様にしてください。

整体として看板を掲げるだけなら国家資格もいらないので、どんな人がやっているかわかりません。私の周りで、よくわからない整体に言った人が頸動脈かい離を起こした。と言う話を聞きましたので、情報収集は必ず行うようにして下さい。

どんな人がやってくれるのか、その人のプロフィールも見ることができれば確認しておきましょう。

カイロプラクティック

最近になって良く耳にするようになったかもしれません。

このカイロプラクティックという手技も整体と同様にいろいろなやり方があります。コレも以前はバキッと鳴らす手技もありましたが、今はソフトな施術も増えてきています。

ただ、私はこのカイロプラクティックという手技を受けて事がありません。なぜなら信用できる先生がいけるところにいないから。

ではどんな先生なら信頼出来るのか?私の見るポイントはただ1点です。

【アメリカ留学し、アメリカのカイロプラクティックの学校で勉強しているか】

コレを見ます。正直コレが無い先生はどんなに長い経験年数でも、どんなに多くの臨床経験があっても受けません。カイロプラクター(カイロをやる人)も日本では無資格(民間資格)の部類にはいるので数週間程度の研修で名乗ることができます。

ですが、アメリカにおいてのカイロプラクターは医者と同等の知識が必要とされ、医者と同じ権威性を持っているからです。アメリカでしっかりと勉強した先生はほぼ医者としてあがめられ、発言権も医者と対等にあります。

それほどアメリカにおいてカイロ業界は厳しいのです。しかし、その環境で勉強・研修してきた人は信用に足ると私は考えています。ただ行ったからOKというワケでは無いのでそこはやはりプロフィールなどの詳細を見る必要があります。

まとめ

いかがでしょうか?ここまで全部読んでいただけていたら、この業界のことがよくわかったと思います。バイトのおばちゃんや兄ちゃんがやっている所も多いです。そしてそこはマッサージと正式に看板を掲げていないところが多いです。

リラクゼーションマッサージなんていうグレーゾーンな名前もあります。コレはマッサージとついているじゃないか。と言ってもあくまで「リラクゼーションです」と言い切ってしまえばまかり通るような業界です。

ご自身の体に直接触れ、体調を整えてもらう行為です。情報を集める手間が増えてしまいますが、安全には代えがたいです。適当に、近いから。とか、安いから。という理由で行ってしまうのはとてももったいないです。

数が多すぎてわからない。そう感じるのはごもっともです。しかし、アナタの体を良くするのも悪くするのもその先生次第。さらに言うと、体が動く様になるということ、或いは動かなくなるようになると言う事は【あなたの人生そのものを変えられてしまうもの】という認識を持ってしっかりと安心して施術を受けられる所を探すようにしましょう。

国家資格を持った安心・安全の施術を受けられたい方はコチラ≫≫≫